足と脚は部位が違います。

2020/02/26 ブログ

ご高齢の方とお話をしているとよく、’’あしが痛い’’というお話をうかがいます。

フットケア提供の立場から、「なんですって、足が痛い?すぐ拝見させて!」と受け取りがちなんですが。

動作の様子をお見受けしたり、「いたっ」と声が出る瞬間から、腰や股関節、膝の動きが連動しづらそうな時に痛みを感じるのだろうなあと考えています。

メディカルフットケアは、そもそも高齢者向けに発案された技術だそうです。無理な姿勢をとることもありません。痛みを治療するわけでもありません。フットケア受けられたあとは、みなさんほとんど「足が軽くなった」とおっしゃっていただけます。

関節の動きが滑らかになるわけでもないと思うのですが。温かい手で手入れを受けるということが、安心や、和やかな気持ちになり、心理的に作用している部分が大きいのかなあと日々感じます。

今日もまた喜んでいでいただけますように。