伸びすぎた爪。

2020/05/10 ブログ

ある日の施設への訪問フットケア。1年近く足のつめきりをしていなかったご様子。

施設でのフットケアではよくお見かけする事例です。

足の爪人差し指、薬指など伸びすぎて、指の腹側へ爪が食い込んでいることが実はよくあります。爪の下側には、角質の貯留を認めます。爪の肥厚がさほど強くなければ、つめきりだけで、だいぶきれいになります。

今しばらくは、施設での面会自粛などもあり、施設訪問のフットケアは厳しい状態が続くと思われます。

今、元気な人元気で過ごす続けることができるように、フットケアを提供できればと考えております。

夏が近づいてきます。素足を自慢できる足になりますように。