つま先のケアや足の揉みほぐしメニューをご用意しております

さいたまのフットケア専門サロンはつま先のお悩みや魚の目・タコに対する辛い痛みに寄り添い、お客様一人ひとりに丁寧で心地よいケアのご提供をさせていただいております。肥厚爪や魚の目・タコを健康な形に整うよう専門の器具を使って丁寧に削り、角質ケアの方法や原因にフォーカスした予防・対策のアドバイスを行っております。
第二の心臓とも言われる足の揉みほぐしメニューもあり、血流を良くし全身の巡りを整えることで冷え性対策にもなりますので、ご興味のある方はぜひお気軽にお問い合わせください。

さいたまのフットケアサロンに肥厚爪のケアもお任せください

肥厚爪とは、加齢や爪先への物理的な圧迫などによって足の爪が分厚く固くなった状態のことを指し、高齢者の方に多くみられる症状です。足の爪は指先に力を入れ歩行のバランスを取る大切な役割を持っていますが、3mm以上肥厚するとその役割が正しく機能しにくくなり、体の重心が後ろに傾き上体を前に倒した悪い姿勢の原因にもなります。また、踏ん張りがききにくくなるため腱や靭帯・足裏の筋が弱まっていくことも考えられます。
放置すると爪が剥がれ落ちることもありますので、サロンでは症状が現れた原因を探り、肥大を阻止するアドバイスを含め、ケア専用の機器を使いながら健康な爪の形へと厚くなった部分を削らせていただいています。爪が割れやすくなることもありますので、肥厚爪は放置せずきちんとケアしていくことをおすすめしております。

さいたまのフットケアサロンは魚の目やタコにも対応いたします

魚の目やタコは足にかかる圧力や指同士の摩擦から皮膚を守ろうとして起こるものであり、合わない靴を履き続けている・姿勢が悪く一部にだけ常に負荷がかかっている・冷え性などで新陳代謝が悪く、角質がたまりやすいといったことが主な原因に挙げられます。負担や刺激から足を守るために分厚く硬くなった角質層は芯を持つ魚の目やタコになり、靴を履くだけで痛い・歩くのが嫌になったと感じられる方が多くいらっしゃいます。
サロンではこういったお足元のトラブルの原因を探りながら、角質ケアも踏まえて丁寧にケアさせていただいております。専用機器で分厚くなった箇所を整え予防やご自宅でのケア方法もお伝えいたしますので、ご自身でのお手入れが難しくなってきた方やプロの手による処置をご希望の方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

さいたまにあるフットケアサロンで冷えやむくみ対策のご提案

サロンは予約制のプライベートサロンとなっており、マンツーマンの施術を、人目を気にすることなくゆったりとした時間の中で受けていただけます。角質ケアや様々なトラブルに対応した爪のお手入れを行っているサロンですが、第二の心臓とも言われる足のケアを行うため、血流を良くする足の揉みほぐしもさせていただいております。
滑りを良くするオイルを使用し、膝上5cmから足裏までを気持ちが良いと感じていただける力加減でケアさせていただいており、全身に繋がる足裏の反射区や、リンパ・筋肉を丁寧にほぐしていきます。老廃物を流しながらむくみや冷えの予防・改善を目指せるよう、心を込めて施術しております。